引越一括見積りサイトで引っ越し代を節約

自動車保険でも、自動車の買取でも、高く売りたいとき、安く買いたいとき・契約したいときは「相見積り」を取るのが、基本中の基本だと思います。そういう意味では、引っ越し代も安く上げたいとおもうならば、複数の業者の見積もりを取って、比較して、交渉して、最安値を引き出すのが重要です。でも、かつてはそれを、タウンページを見て1軒1軒、引越し業者に電話をして、訪問してもらって、見積もりを取って、ということで、非常に手間でした。しかし、それが今は「引越し一括見積りサイト」を使えば、本当に簡単に相見積りをとることができます。

やり方は簡単です。

まず「引越し 一括見積り」で検索すれば、該当するものがいくつか出ますので、その中の1つにアクセスすればOK。サイトに寄っての違いはほとんどありません。ただ時期によっては、見積もりだけでクオカードプレゼントなんていうキャンペーンをしている場合があrので、一応すべてのサイトを確認したほうが、賢いことは賢いです。

そのうえで、今の住所、引越し先の住所、荷物のボリューム、エレベーターがあるかないかなどの条件を入力すれば、複数の業者からメールで引っ越し代金の見積もりの連絡があります。

簡単に済ませたければ、ここで、1番安い見積もりの会社に連絡を取って、引越しを頼めばそれだけでも安く上がりますが、もっと安くしたいと思う場合は、もうひと手間かける必要があります。

複数出て来た見積もりのうち、安い会社を下から3社ほど選んで、そこに連絡を取り訪問してもらって実地の見積もりを取り直すのです。その際に、引越し日、時間、サービスの有無、他社の見積もり額、などを出して交渉すればさらに安くできる可能背は高いです。

引っ越し業者案内らくるネット

 

いずれにしても昔に比べて非常に便利になりました。これを使わない手はないと思います。

高校野球で注目の春日部共栄高校の女子マネージャー

春日部共栄高校の女子マネージャーで、ベンチ入りしているのは、2年間で2万個のおにぎりをつくるために、

進学クラスから普通クラスに転籍したという

野球好きの生徒のようです。自分の将来よりも、野球選手たちのために尽くす姿は感動を呼ぶのでしょう。

マスコミにも取り上げられているようです。どこのチームも甲子園で試合することを夢見て頑張っているのですが、いくら頑張っても、出場できるのは、

ほとんどの県で、一校のみです。県内の大会だけでも優勝するのは本当に大変です。

けれども、それを乗り越えて、甲子園でまた1勝したという事で、喜びもひとしおでしょう。これからも、暑くて苦しい試合が続くでしょうけれど、

今までどおり、選手たちを陰で支えるマネージャーとして頑張っていただきたいですね。

そして、1つでも多く勝ち続けることが、自分の喜びになりますし、良い思い出として残っていくことでしょう。

春日部共栄高校、私も応援していきたいと思います。

天才コメディアンであり、傑出した俳優でもあったロビン・ウィリアムスが鬼籍に入ってしまった。重度の鬱病の末の自殺だったという。アルコール中毒や薬物中毒に苦しみながらも、旺盛なエネルギーでそれらを乗り越え、常にステージで、スクリーンで、全世界の人々を笑いの渦に、感動の渦に巻き込んでいた。彼が居なければ、マット・デイモンとベン・アフレックが脚本を書いた『グッドウィル・ハンティング/旅立ち』という名作が世に出ることもなかったであろう。

80年代後半から縁あって米国に滞在していた私は、『David Letterman’s Saturday Night Live』に出演した彼の姿を鮮明に覚えている。デビッドとの絶妙の掛け合いで、彼はコメディアンとしての煌めく才能を垣間見せてくれた。

米国滞在中、大変お世話になった友人と一緒に『Dead Poets Society』を映画館で観た想い出と共に、今は静かに彼の冥福を祈りたいと思う。

 

美容師を指名できない店だけど

ふた月前に美容院へ行った時、新人の美容師に不手際があったので苦情を言ったら、電話に出た店長が、お詫びに無料でカットしてくれるという話になりました。

 

その時は怒っていたのですが、ちゃんと謝罪してもらったので、「もう無料でカットしてもらわなくてもいいや」という気持ちになっていきました。

その場合、もうその店には行かないことになります。

 

他の店を探すのも面倒なので、図々しいけど、とりあえずカットだけは、やってもらおうかなと思いました。

店長はちゃんと覚えていて、「あの約束の件ですね」と言ってくれましたが、やっぱり少し機嫌が悪そうな感じでした。

 

ちょっと入りにくかったのですが、勇気を出して入りました。

 

そして話の途中で、「皆あれから怖がっちゃいましてね…次回からは私が担当します。」と言うので、「従業員が私を嫌がっているということなのかな」と思ったのですが、次回も行くかもしれません。

 

やっぱり店長のカットは上手いし、これからは店長が担当になってくれるというのなら、私としては有難いことです。

来店しない方が喜ばれるのかもしれませんが、しばらくお言葉に甘えようと思います。

やっと帽子が完成!

2か月かかってやっと手作りの帽子が出来上がりました!

夏用の帽子を編もうと6月ごろからとりかかり、気がつけばもう夏も半ば。なんとか間に合いホッとしました。

編み物をはじめるようになって初めての帽子作り。しかも、いつもの毛糸とは違い、少し特殊な素材。何度もほどいて編みなおしなり、いつもとは違う編み心地に苦戦したりと、予想以上に時間がかかってしまいました。

途中、やっぱりやめとけばよかったと何度も思いながらも、せっかくここまで編んだんだからとせっせと編み続け、やっとの思いで完成に至りました。

その甲斐あって、出来上がった時の達成感と満足感は最高でした。

編み物は、この達成感と満足感が味わえるからやめられない。時間や手間のかかるモノならなおさらのことです。

まだまだ上手とは言えない私の編み物、もっともっと上達できるようにがんばるぞ!と、作品が出来上がるたびに思います。

さっ、今年の夏も後半戦。頑張って作ったこの帽子をかぶってどこにお出かけしようかな。

 

 

お盆休み前にお刺身をたっぷり食べました

お盆休みに入ってしまうと漁師さんたちも漁をお休みするので、その前に美味しいお刺身をお腹いっぱい食べておこうということで今日はお刺身スペシャルの夕食にしました。かつおやあじなど普段買う刺身の他に、奮発してまぐろやタイまで買い込んでしまいました。後は、貝類も欠かせません。ホタテや赤貝も仕入れて、晩酌の準備万全です。

お刺身ばかり冷たいものを食べていると温かいものが欲しくなるので、茶わん蒸しとお吸い物も準備しました。

後は、お刺身に合う和食器を選べて並べるだけです。白身のお刺身には、白さが映えるように青い角を使い、マグロや青魚には白っぽい色のお皿を選びます。葉の形や、多角形のお皿を並べると、和食器の幅の広さに驚かされます。

美味しいお刺身には、やっぱり美味しい日本酒です。美しいお皿にならんだ新鮮なお刺身と、きりりと冷えた日本酒をいただくと日本人に生まれてきて本当によかったとしみじみ思います。

お盆休みが終わるまで、しばらく美味しいお刺身ともお別れです。しばしの別れだけれど長く感じられます。やっぱりお刺身は日本人のソウルフードです。

 

若い子と話をしていると

自分より10歳くらい年下の人と、プライベートで話す機会があり

話をしていましたが、考え方や話し方、すべてが年齢を感じました。

 

話をしていると新鮮で楽しいのですが、やっぱり子供だなぁと感じてしまいました。

10歳年下と結婚した人ってそういったものの差を感じないのかなぁと思いました。

 

わたしからしたら10歳年上ってだいぶ大人で、どう話をしたらいいのかわかりません。

だからこそ、勉強になることだってあるし、大人の考えに触れることだってできるのでしょう。

けれど、それを尊敬できるから、結婚できるのかなあと思ったりしました。

 

最近、年の差カップルの話題をよく聞きますし、

自分の周りでも年の差カップルは沢山います。

10~20歳くらい離れた親子くらいのカップルもいます。

わたしには無理ですが、それだけ年齢が離れているとケンカもしないのかなと思います。

片一方が大人だから、その辺はどうなのかと思ったりもしますが、

カップルにはいろんな形があるのだろうなと感じました。

子供の女子力

娘がいるのですが、まだ幼稚園の年長さんなのに、女子力が高く

可愛いものが大好きで、アイドルになりたいそうです。

 

先日、髪を編み込みにしてやると、それを外したときにパーマがかかたように

ウエーブが出ていました。

それをみて、毎晩編み込みをせがまれ、朝、ウエーブヘアになった頭で

幼稚園に登園していきます。

お友達がかわいいねと言ってくれるのが、嬉しくてたまらないそうです。

 

もちろん、ウエーブヘアになった日にはカチューシャをしていきます。

髪の毛を結ぶとウエーブが取れてしまうという理由だそうです。

この年齢でこんなに女子力が高ければ、将来どうなるのかと心配になってきます。

 

オシャレが大好きな子供ですが、この先そういう方面で頑張ってほしいとも思います。

裁縫にも興味があるそうなので、もう少し大きくなったら服を作ったりできるようになると

自分の好きな服を作れるので、子供にとっても嬉しいことなのかもしれません。

これからの成長が楽しみでなりません。

物を捨てるという行為

わたしはいらなくなったものや不要なもは捨てる主義です。

捨てられないという人の気持ちがわかりません。

想い出があるものは捨てずらいですが、捨てなければならない時だってあります。

 

わたしは過去におつきあいしていた人からもらったものは、

別れたときに捨てます。

振られた場合でも捨てます。

それは、その人にいくら未練があったとしても

新たな自分の道を歩んでいなかなければならないという

けじめだと思っているからです。

 

そして、自分の気持との決別をも意味しています。

いつまでももらったものが手元にあると、嫌でも思い出してしまうからです。

携帯番号も、アドレスも消します。

自分の心に蓋をする行為かもしれませんが、そうまでもしないと

忘れることができないような気がするからです。

 

区切りをつけたいときは大掃除をし

いらないもの、使わないものとはさようならをします。

今までありがとうと言い、捨てていくのです。

そうすることにより、気持ちもさっぱり、新たな道を歩んでいけそうな

そんな予感がします。

増税前に買い溜めしていた私

テレビニュースを見ていると消費増税による景気失速の話をしていました。まあそうなるのは当然かなと思いながら見ていましたが、私も増税前に日用品をたくさん買ったので、しばらく買わなくても良い商品がたくさんあります。たとえばボディソープやシャンプーや調味料はこの先2年分ほどのストックがあります。新商品が出ると(古い商品を)ちょっと買いすぎたかなと内心で少し後悔することもありますが、せっかく経費削減の為に大量購入したので新商品を買うことなく古い商品のストックが無くなるまで使い続けようと思っています。

 

一方で想定していたよりも早くに無くなりそうなものがあります。それは部屋干し用洗濯洗剤です。4月以降、何故だか雨の日が多いので部屋干し用の洗剤を使い続けていたら知らない間にストックが半減してしまいました。2年分のストックとして10箱買ったのに既に5箱も使ってしまいました。(ちなみに普通の洗剤は20箱ほど買いました。)まあ無くなっても買い足せば良いだけの話ですが、とりあえず冒頭の話をすると、私もまた景気を悪化させている一人なのかなと思いました。